菊乃流 - Kikuno Style -

情報
20px

UTIHA

layout
layout

うちは…

layout 菊乃のプロフィール layout 奈良元林院町 layout 菊乃フォトグラフ layout
layout

まめちしき

菊乃流サイトをご覧になる上で知っておくと楽しさが倍増するまめちしきです。

屋形

置屋(プロダクション)で仕込みさん(舞妓さんになる前)と舞妓さんはこちらで生活をします。

お茶屋

舞妓芸妓を呼んで芸を観たりお酒を頂いたりする処。

店出し

仕込み期間を経て舞妓になるお披露目、デビューです。当日は料亭に挨拶廻りをしたりお姉さんとお盃をかわします。

舞妓と芸妓の違い

舞妓は振り袖にだらりの帯、こっぽりを履き自毛で結います。髪は何日間かは崩されないので高枕で寝ます。芸妓は鬘になり袖も短くなり帯もおたいこになります。

引祝い

芸妓を引退する時の挨拶廻り。結婚や他の仕事につき、一ツのターニングポイントになります。

衿替え

芸妓としてのお披露目。芸妓になる時期は20歳過ぎからで舞妓の期間が5年程経ってからです。芸妓になったら芸をより一層磨き接客の巧みさなど要求されます。

layout

うちは…

初めまして菊乃です。友人達の協力もあってこの度めでたく、菊乃流をこけらおとしする事ができました。おおきにぃ。当サイトは、こだわりをもって今後も月三回の更新を目標に末長う続けて行きたいと思うてます。皆様にええ情報を提案し創って行けたらと考えてますねん。今後のサイトは和小物や奈良の情報も入れて盛りだくさんに仕上げます。みなさんどうぞご贔屓にぃ 。

layout

菊乃のプロフィール

上へ
layout
菊乃
大阪市生まれ 中学校卒業後、三味線、日本舞踊、長唄、小唄、書道、茶道、華道、お囃子を学びながら奈良・菊水楼、叔母の経営するお茶屋・つるやにて舞妓の仕込み。三年間を経て、平成二年十月舞妓店出し、平成八年一月にゑりかえをし、芸妓になる。
平成十年四月 お囃子 望月流名取 望月太明賀寿
平成十一年五月 花柳流名取 花柳鷹
平成十六年六月 花柳流師範
layout
■ 主な出演
  流派等 演目 会場
日本舞踊 花柳芳之丞師会 「藤娘」「鷺娘」
「京鹿子娘道成寺」
「松風」等
新歌舞伎座、
国立文楽劇場 等
名流舞踊会 「君が代松竹梅」 松竹座
長唄 杵屋和一須美
おさらい会 (和須美会)
三味線「蜘蛛拍子舞」「二人椀久」等
唄「猩々」「越後獅子」「鞍馬山」等
菊水楼、つるや 等
お囃子 望月太明蔵・太明十郎
おさらい会 (望月会)
「島の千歳」 「鏡獅子」「蜘蛛拍子舞」等 国立文楽劇場、
大槻能楽堂 等
その他 小唄吉村流、茶道表千家、華道池坊

現在、鼓・日本舞踊・書道・三味線・笛を稽古中

layout

奈良元林院町

上へ
layout

奈良元林院町ならがんりいんちょう

明治初年花街として出発。明治44年元林院町検番設置。大正年間には置屋十二軒に増え昭和にかけ芸妓も二百人を数えるぐらいになるが四十年代半になると元林院の衰退が始まり現在置屋は三軒、芸妓数は十三名。

奈良元林院

元林院という寺院は興福寺の別院だったと言われ創建時期は不明。地方から出てきた人たちの宿所だった。興福寺別院の元林院は1532年で焼失しその後再建されずこの頃から奈良の他の町と同様町人たちが移り住み元林院町の歴史の始まり。江戸時代には竹坊と称する絵師たちが工房を構え絵屋町を形成。別名絵屋町と呼ばれる。

元林院町町並み

layout

菊乃ふぉとぐらふ

上へ
layout

layout 菊乃フォト layout
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06
Photo07 Photo08
Photo09 Photo10
Photo11 Photo12
layout

トップに戻る