菊乃流 - Kikuno Style -

情報
20px

おぶどき

layout
layout

おぶどき

layout 舞妓・芸妓 layout 書道 layout 奈良つるや layout
layout
layout

おぶどき 水無月の壱「梅雨」

蛇の目傘(撮影/丸岡栄美)皆さんこんにちは!6月に入りましたね!梅雨の鬱陶しい月ですけど清々しく過ごしたいですね(~▽~@)♪♪♪うちらが持つ蛇の目傘は素敵な色・柄がたくさんあり、雨ゴートも好みで色々作れます。今でしたら紗(しゃ)や絽(ろ)で。皆さんも素敵な傘を持たはって、心浮き立たせながら、この季節を過ごせますよう・・・おぶどき、おぶどき♪

写真:蛇の目傘(撮影/丸岡栄美)

layout

舞妓・芸妓

上へ
layout

お座敷へ向かう(撮影/丸岡栄美)昨年夏に中村席から独立させて頂き大野席をつくるのをお許し頂きました。花街(かがい)で独立というと、別に屋形(置屋)を持つという事ではない花街もありますが、うちが所属している奈良・元林院(がんりいん)では屋形を持つことになります。すなわち仕込みさんや舞妓さんをおくと、年齢にかかわらず"お母さん"となります。舞妓さんや芸妓さんになりたいというご相談をよくお受けします。女性なら一度はしてみたいですもんね。ただ憧れだけでは務まりません。小説や映画で描かれる花街は苦笑いする箇所もしばしば・・・。女性にとったら必ず綺麗になる職業のひとつです。はじめはもっさりしてますが、一年・二年とたつうち見違えるようになります。それでも本人の努力がものをいうのです。プロ意識を持ち芸に精進し、まわりから注意を受ければ素直にやってみる。"出来ません"やなく、また"そんなん嫌!"と言うのではなく、以前にもおぶどきで書きましたが・・・"先ずはやってみる"
どんな職業の方でもそうではないでしょうか?そこから気づくところもある。"辛抱・我慢"が出来ればなれます。あまりのっぽさんやったらちょっと難しいと思いますけどね。

写真:お座敷へ向かう(撮影/丸岡栄美)

layout

書道 

上へ
layout

氷室神社奉納舞より(撮影/吉田和彦)今日と明日は書道展。(詳しくはトップページ“おめみえ”ご参照)うちは楷書が嫌いで草書が好きです。字には性格が出るそうですが、踊りにしても書道の先生にしてもおなじことおっしゃいますね。これからもじっくり少しずつ続けて上手になりたいです。今はまだ初段ですが、今年中に一段を頂きたいですね!元々仮名文字ばかりしてましたが、今の先生(長興会/芝崎嵐翠先生)になってから漢字や半切等も書き始めました。楽しいですね。集中力を高めるには書道はいいと思います。うちにとって墨のにほいはアロマにも♪

写真:氷室神社奉納舞より(撮影/吉田和彦)

layout

奈良つるや 

上へ
layout

氷室神社奉納舞より(撮影/吉田和彦)

やぁーっと!!今月から改装に入ります。ご心配かけてごめんなさい!最近はお店に入って従業員の方のサービスや店の照明・しつらえ、取り扱ってはるお酒を参考に、気付いた事を携帯に押し込んでます。なんとかなるさ♪と考えつき進んでます。皆さんに寛いで頂き明日の活力になるようなお店をつくります。(^o^)まずそれには体が資本ですよって検査ばかりしてます(^-^)皆さんも体には十分気をつけてくださいね!

写真:氷室神社奉納舞より(撮影/吉田和彦)

夢近く…菊乃


トップに戻る