菊乃流 - Kikuno Style -

情報
罫線

おぶどき

おぶどき 皐月の弐「舞台は」

楽屋にて(撮影/丸岡栄美)

ゴールデンウィークも終わりましたね(^-^)皆さん楽しい時間を過ごせましたか?うちは舞台後に1日休みをいただきました。あとは座敷にご飯食べに店に舞台にとフル回転で時を過ごしました(^-^)お陰様で"初代花柳芳之丞三回忌追善二代目花柳芳之丞襲名披露舞踊公演"も盛会で幕を閉じました。おおきに、ありがとうございました。うちが出演した"喜撰"。踊る前は花柳興御師匠様にご指導していただいたお稽古の日々を思い出し集中。お梶を気持ちよく踊れました。次の舞台に向け今はホッと一息。おぶどき、おぶどき\(^O^)/

写真:楽屋にて(撮影/丸岡栄美)

喜撰

上へ

喜撰 鏡前にて(撮影/丸岡栄美)

いつも舞台で踊らせていただく稽古は何度も落ち込みます。"なんででけへんのか・・・。"考えてもできませんよって稽古しかないのです。うちは大変覚えが悪いので稽古しかありません。脳ミソかえられへんしねぇ(>_<)いつも稽古に行く道中電車の中で曲を聞いて"ここは御師匠さんこう言うてはったなあ"とおさらい。なるべく周りの方に愚痴は言わないようにしていますねんけどね。辛いこともあります。この喜撰の稽古でひどくできが悪く、御師匠さんに「今まで稽古で泣いた事ないのか。泣かへんのか」と・・・。うちは「はい」と答えました。頭の中では"泣く暇あったら稽古"と思ってました。泣いても上達しません。うちでもひどく落ち込むんですけどね(笑)それに今まで乗り越えてきたし絶対できるし大丈夫!できひんとこは何度でも!御師匠さんに食い付くぞー!と何度もトライ!!こうしてできるようになって舞台が無事済んで次のステップへ。この繰り返しで成長するんですね。さて次は何を踊らせていただきましょ
う?おおきに、おおきに。

写真:喜撰 鏡前にて(撮影/丸岡栄美)

鼓

上へ

望月太明蔵 御師匠 調べ 菊乃会 氷室神社(撮影/吉田和彦)

望月太明藏御師匠さんに鼓をご指導していただいて20年近く。最初は全然音が鳴りませんでした(笑)同時期に一緒に習っていた後輩の舞妓さん達も結婚して今は立派なお母さん。一昨年の氷室神社の奉納で太明藏御師匠さんに鼓一丁(鼓のソロ)の"調べ"を演奏していただきました。うちは次の踊りの衣装をつけていたので、後日録画を拝見したのですが鳥肌が立つ程の素晴らしい演奏でした。鼓一丁で・・・。先月からこの時の"調べ"とは同じ曲ではないのですが、一丁の"調べ"をご指導していただいてます。何れ人前で演奏できたらなあと思ってます(^-^)・・・。それにしても難しい・・・。(;^_^A

写真:望月太明蔵 御師匠 調べ 菊乃会 氷室神社(撮影/吉田和彦)

手鏡の中(撮影/丸岡栄美)

もうすぐ6月。そろそろ衣替えですね。6月と9月は単(ひとえ)になります。6月の単は夏に向かって涼しげな着物を選びます。長襦袢や帯は絽。梅雨の季節ですし軽やかにスカッと!着こなしたいですね(^-^)

写真:手鏡の中(撮影/丸岡栄美)

必ずや成し遂げる…菊乃

トップに戻る