菊乃流 - Kikuno Style -

情報
罫線

おぶどき

おぶどき 霜月の参「感謝」

菊乃邸の玄関の招福猫11月も残すところあと一週間余り。私のメインイベント(笑)父と母に感謝する誕生日も楽しく過ごせました\(^O^)/ご贔屓の皆様おおきに!ありがとうございました。来年も宜しくお願いしますm(__)mうちのお店″つるや″もお陰様で3年目に突入しました。うちの力だけでは何もできません。応援してくれ支えてくれ時には叱咤してくれる方々のお蔭です。ありがとうございます。感謝をこめておぶどき、おぶどき。

写真:菊乃邸の玄関の招福猫

たね寿さん

上へ

宮川町 たね寿さん(撮影/菊乃)11月13日宮川町のたね寿さんがえりかえをするお祝いのお座敷を設けるから来ていただけませんか?とイーさんから連絡がありました。うちが行ってええのんかいなあ・・・と思いつつも有り難くお邪魔しましたm(__)mさて何を着たらいいのだろうか?色無地で一つ紋を着ようかな。でも留め袖?いや派手になったらあかんし。失礼したらあかん。う〜ん(?_?)そうだ。祇園のだん佑さんねえさんに聞こう♪菊千栄ちゃんのお稽古バッグや新しい草履いるし京都にお買い物に行った帰り、お腹も空くし知ったお店の方がいいし。よそで食事するより、だん佑さんねえさんとこのお店がええわなと思いお伺いしました。今回は鴨川が眺めれる″″鴨川倶楽部″へ。川や海が好きな私は水辺がよく見える端っこに。いつも明るく気さくでいてスマートな気遣いが素敵な京女のだん佑さんねえさん。見習わなければ(>_<)どんな装いがいいか伺うと「色無地に紋付でお祝いの帯しめはったらよろしおすえ」との事。数枚あるけど一番地味な銀鼠色の花柳流の一つ紋を着る事に決めました。この着物は花柳流専門部(師範)の試験の時にこさえた着物です。さて帯は・・・。次回に続く

写真:宮川町 たね寿さん(撮影/菊乃)

和小物

上へ

たね寿さんと菊乃(撮影/宮川町 たね若ちゃん)

和小物って女心をくすぐりますよね(^-^)それは年代を問わないと思います。奈良では″遊中川″さんの小物を求めに行きます。岡井商店さんも麻の小物ありますね。京都でははんなり雅な和小物いっぱいありますやろ♪欲しいものいっぱい!・・・でも年代的に無理なものもいっぱい!(笑)
真っ赤な草履はもう無理でしょう・・・。(涙)うちが持っているのは羅鈿の入ったボルドー色。来年の風水ラッキーカラーなのでバンバン履こうかなヽ(´▽`)/井澤屋さんの可愛いバッグは舞妓さんがよくお稽古バッグで持たれてまzすよね。可愛いすぎ♪・・・でもうちには無理(>_<)
菊千栄ちゃんに薦めました。色は選らんでもらいピンク色に。う〜ん!可愛い!悶絶(笑)

写真: たね寿さんと菊乃(撮影/宮川町 たね若ちゃん)

伝票

そろばんの伝票ではなく店の伝票でもおまへん。芸妓さん舞妓さんがお座敷に出た本数を出す証明書?みたいなものでこの伝票から「○○さん、入り何時であき何時やから○本」となります。本数とは?昔はお線香をたてて時間を計ってたので今でもその名のこり。元林院にも検番があります。大抵は見番と書くようですが元林院では検番と書きます。今回は伝票を皆様にお見せ致します。この伝票を胸に挟んで屋形を出て料理屋&お茶屋に行き「おおきに〜」と行って伝票を渡します。

写真:伝票

招福…菊乃

トップに戻る