菊乃流 - Kikuno Style -

情報
罫線

おぶどき

おぶどき 弥生の弐「春のお彼岸」

菊ちゃんと菊乃(撮影/いつか)

3月も半ばに入ろうとしてます。皆さんお元気ですか?来週18日(木)から彼岸入りですね。春のお彼岸はぽかぽか陽気で移動中につい居眠りしちゃいそうですが、運転手の方は気を引き締めて事故に気をつけてくださいね!コーヒーでおぶどき、おぶどき。

写真: 愛猫リッキーと

お料理

上へ

納豆パスタ「菊乃ちゃんがお料理するなんて想像できない!」そう(笑)芸妓は台所に立ったら所帯じみるからあかんという意見もあります。でもそれは古きよき時代の話なんやないかとうちは思います。そりゃあ〜作っていただくのも大好きですよ(笑)でも作る楽しみも知らんとあきまへん。ご馳走をいただいた時に口が肥えてるだけでは。勿論プロの料理人さんと同じようには作れませんけど、お料理のヒントをつかんで一品作れるかもしれません。健康な体と精神をつくるのは食べるものも重要なはず。美味しいものは人を幸せにしますから(^-^)写真はうちの大好きな"こうちゃんの簡単料理レシピ"本見て♪肌にもいい頭にもいい納豆を大根おろしでからめてめんつゆで味をつけたパスタ!美味しいですよ!Yahoo!ブログをご覧くださいねヾ(^▽^)ノ温泉たまごもうちの手作り♪

写真:納豆パスタ

舞妓になるには

上へ

菊乃の先笄(撮影/ひろこさん)この時期"舞妓さんになりたいんですけど、どうすればなれますか?"というご相談をよく受けます。憧れだけで本気で思ってないのかすぐあきらめはるようです。「ちょっと考えていたのと違います」とも。京都の舞妓さんと比べるとシステムが違います。見た目はほぼ同じやと思いますが帯の格好が難しくて…。菊千栄ちゃんの舞妓の着物はうちが着せてます。舞妓さんは帯が6メートルあり京都では男衆(おとこし)さんが着付ますけどうちら女やさかい力がね…(>_<)でもだいぶ慣れました!帯によっては手が痙攣しそうになりますが(笑)ちょっと脱線しましたが、夢を叶えるのは"あきらめない心"。年齢や身長も重要ポイントですけど。でも大方は簡単に考えてはるようですね。先ずは舞妓さんの事を知らなければ憧れだけではつとまりません。岩下猛民さん(いわしたたけひと)が「祇園の細路地おとんぼ舞妓」という本を文藝書房さんから発売されているので、手にとらはったらいいかと思います(^-^)

写真:菊乃の先笄(撮影/ひろこさん)

PEPITA DOROにて前回もご紹介させていただきましたNHK総合テレビ「かんさい想い出シアター」(トップページ"おめみえ"ご参照)うちの貴重な舞妓時代がご覧いただけます。この頃と今では帯の結び方が違います。奈良にも髪結いさんがいてはります。今もうちの洋髪は舞妓時代からお世話になっている松葉エミ子先生です。
うちとこの舞妓さん菊千栄ちゃんも登場します。毎日気張ってはります。

写真:PEPITA DOROにて

天にとどけ…菊乃

トップに戻る