菊乃流 - Kikuno Style -

情報
罫線

おぶどき

おぶどき 卯月の弐「春…本日は」

奉納前(撮影/吉田和彦)おおきに。桜の見頃を迎えましたが、皆さん如何お過ごしですかあ~。さて、この菊乃流も本日無事に丸7年を迎える事ができました。これも菊乃流をご贔屓くださる皆様のお陰と厚くお礼申し上げますm(__)mいよいよ8年目に突入です!これからも菊乃流が末広がりに、ますますご贔屓いただきますよう、デザイン担当/アウラ事務所:白川芳樹さん、編集・写真担当/丸岡栄美さんとともに、精進してまいりますので、より一層のご支援をよろしくお願いいたしますm(__)mでは、あちらこちらでお花見を楽しんではんなりとしたゆたかなひとときと春をお迎えくださいね。桜茶でおぶどき、おぶどき。

写真:奉納前(撮影/吉田和彦)

あらいさん

上へ

第二世 花柳芳之丞御師匠さんと(撮影/吉田和彦)

うちの大好きな友人の太鼓持ちあらいさんから嬉しいメールが届きました。(^O^)♪『いつも「太鼓持あらい」お世話になって居ります。このたび、毎日新聞の夕刊「夕刊ワイド」欄(3p)に「太鼓持ち遊び遊ばれ」として、2012年4月2日(月)より毎月月曜日に1 年間連載する事になりました。読んで頂ければ幸いに存じます。  太鼓持あらい』…との事です。太鼓持ちは笑顔が大事なの♪とおっしゃるあらいさん。普段も笑顔しかみません。見習わないとあきまへんね。お座敷では艶芸に艶話が絶品です。あらいさんから届くお手紙はじゃばら折りで絵手紙に大変楽しい。毎年届く年賀状も素晴らしいおめでたい絵が書かれてます。体調が不調だったようですがいつまでも元気でいてほしいです。何卒宜しくお願いします。

写真:第二世 花柳芳之丞御師匠さんと(撮影/吉田和彦)

氷室神社奉納舞

上へ

鶴亀(撮影/吉田和彦)

桜の見頃を迎えると氷室神社での奉納舞を思い出します。写真の男舞「鶴亀」は扇子の扱い方も悪く、腰も浮いた状態でなんとも格好の悪い姿ですが、はばかりながら初アップです。その前日、初代花柳芳之丞御師匠さんが他界されたんですが、うちの耳にいれるのは舞台が済んでからと周りが気遣って伝えられてなかったんです。当日の朝、氷室さんに向かうため顔をこしらえ簡単に着物をきたその時に携帯が鳴りました。お稽古をご一緒されてる方からの電話で、お師匠さんの訃報を聞き号泣しました。電話を切ってその場で泣き崩れ、白粉もぐちゃぐちゃになり、衣装を着たまま上半身を脱いで顔と首の白粉を落とし、時間が迫っているので急いで顔をつくりました。うちの心は…めでたい鶴亀をなんでこんな時に踊らなならんのか…という思いでいっぱいになり、この奉納は涙をこらえ気丈に振る舞った必死の舞台でした。後見の第二世花柳芳之丞御師匠さん、地方さん連中、スタッフ連中、衣装屋さん、音響をはじめ、氷室神社の方々や身内の方々のお気遣いが大変有り難かったです。
恥ずかしながら、最後のご挨拶では涙が止まらなくなりましたが…。御師匠さんの着物(鐘の岬)を着て守っていただきました。琴の第一人者である澤千左子さんがこの日のために作曲してくださり、うちが振付した「花桜」の写真と、望月太明藏御師匠さんの小鼓一丁の写真等、次回ご紹介させていただきます。

写真:鶴亀(撮影/吉田和彦)

鐘の岬(撮影/吉田和彦)先日マリリン・モンロー7日間の恋とサッチャーさんの映画を観賞してまいりました。マリリン・モンローさんを演じた女優さんがとてもキュートで肌も透き通るように白く髪も美しいブロンドで自信のない切ない表情や全ての仕種に魅了されました。対する鉄の女と言われたサッチャーさんの映画ですがメリル・ストリープさんの名演技。さすが数々の賞をとらはった事だけあって素晴らしいの一言でした。老いの演技力が自然で大統領になった時の自信の満ちた素晴らしい演技。うちが一番印象に残ったのはラストシーンの後ろ向きで歩くシーンです。ヨタヨタ歩くのですが絶品です。踊りにしても「最初の出てくる時の一瞬が大事や。後ろを向いた時も踊ってなあかん。肩を使うんや。八の字を書くんや。」と初代:花柳芳之丞御師匠さんは上半身裸になって背中の筋肉の使い方をご指導してくださいました。花柳芳之丞御師匠さん、花柳與御師匠さんはうちに「踊りははじめで決まるんや」とご指導してくださいました。花柳與御師匠さんには大和郡山場ホールでの「井筒」(詳しくはトップページ"おめみえ"ご参照)での摺り足でゆっくり登場し角度を替えて向きをかえて歩く出方を何度も「やり直し。はじめから」…と日が暮れるまで「できるまで帰ったらあかん」と何度もご指導していただきました。有り難い事です。映画を観賞した数日後が花柳芳之丞御師匠さんのご命日でした。その翌日4月1日は奇しくもうちの第二回菊乃會のリサイタル。桜が満開の氷室神社での奉納舞でした。メリル・ストリープさんの後ろ姿の演技を拝見して御師匠さんが天国からでもご教示してくれたはんのかな…。入院中も「こうやってや。すーっと出るんやで。肩に力入れたらあかんねんで。息吐くんやで」とご指導してくれた事を思い出しうちにエールを送ってくれてはんのかな…と感じました。

写真:鐘の岬(撮影/吉田和彦)

合掌。経験は学問に勝る…菊乃

トップに戻る